大湯環状列石 - 半農半医

| コメント(0)

DSCF1395.JPG

大湯環状列石は十和田の南南西、秋田県鹿角市にある縄文時代後期(約4,000年前)の遺構です。野中堂と万座と名付けられた二重の環状で構成される環状列石が主体です。

十和田神社 - 半農半医

| コメント(0)

DSCF1370.JPG

十和田湖畔、中山崎にある十和田神社です。写真は拝殿。祭神は日本武尊。しかし元々は水神信仰の社であったようで、明治の神仏分離までは十和田山青龍大権現が祀られていたそうです。

キリストの墓 - 半農半医

| コメント(0)

DSCF1323.JPG

青森県三戸郡新郷村にあるキリストの墓を訪ねました。戸来(へらい)という地名は今は字として残っています。この地は古来偉い殿様の墓であるとして、沢口家が代々墓を祀ってきたのでした。

竹内宿禰の子孫の養子に入ったとされる竹内巨麿が、明治33年茨木に皇祖皇太神宮天津教を開きました。昭和10年この地を訪れた竹内巨麿は、「ここだ、ここだ」と言い、「十来塚」と名付けるよう村長に言い渡しました。竹内文書によれば、日本に渡ったイスキリス・クリスマスは後に十来太郎天空坊と呼ばれたそうです。

ここが微妙なんですが、竹内巨麿はイスキリス・クリスマスとか十来太郎天空坊と言っているけれど必ずしもキリストとは言っていない。これをキリストとして世に知らしめたのは昭和13年に「光は東方から」という本を出版した山根キクという人です。

三内丸山遺跡 - 半農半医

| コメント(0)

DSCF1298.JPG

青森市内にある日本最大級の縄文遺跡です。今から約5500年前~4000年前の縄文時代の集落跡だそうです。

小牧野遺跡 - 半農半医

| コメント(0)

DSCF1286.jpg

青森県の小牧野遺跡を訪ねました。約4千年前の縄文後期前半の環状列石の遺跡です。有名な三内丸山遺跡から車で10数分です。三内丸山遺跡より後になるのだそうな。

霊場恐山 - 半農半医

| コメント(0)

DSCF1233.jpg

霊場恐山。下界は晴れているのに恐山が近づくと急に空が曇って薄暗くなりました。週末ともなればこのとおり家族連れて賑わっていたりします。

防鳥網 - 半農半医

| コメント(0)

DSC01761.JPG

電気柵に続き、先週は防獣ネット(緑)で作物の側面を囲いました。今日は炎天下、防鳥網(オレンジ)を仕掛けました。電気柵だけでは空からの攻撃に対抗できないからです。

こちらトウモロコシの畝には長さ9m、幅7.2mの網。付属の張り糸は上手にほぐせず、別の紐を使ってしまいました。

電気柵の設置 - 半農半医

| コメント(0)

DSC01759.JPG

本日電気柵設置。2週間前に下刈り、今日また刈り込んでさらに管理機を入れました。雑草抑制が目的です。

今年はいつもの中国製のワラチップのブロックが手に入らず、防草シートを用意してみたのでした。あ、でも考えてみたら、あの樹脂製の防草シートって基本絶縁体じゃないの。ダメじゃん!下準備をしたあとまたマルチング材料を求めてホームセンター巡り。第一希望の電気柵対応導電シートはなし。でももみ殻が何とか手に入ってこれを利用しました。あ~危なかった。

右奥のアーチは、今年初めて採用したキュウリネットです。いい感じ。

ジャガイモの収穫 - 半農半医

| コメント(0)

DSC01752.JPG

梅雨の晴れ間にジャガイモの収穫です。でも天気予報では今日から明日にかけ大雨と言っている。

DSC01747.JPG

今日は2回目の土寄せです。手前の株が掘り返され、目印の札も抜かれています。イノシシがやってきて、試し掘りをしていったようです。サツマイモ程にはお口に合わなかったようで、全体の一部だけが掘り返されていました。因みに昨年サツマイモは全滅で、今年はそもそも植えてもいません。

最近のコメント

カテゴリ